Radiograph

胸椎斜位撮影 Thoracic spine oblique view

English ver.
ce4rt.com

【撮影目的】
椎間関節の観察。
椎体骨、椎間板の観察。

【撮影前の確認事項】
立位、臥位どちらで撮影するか確認。
AP、PAのどちらで撮影するか確認。
障害陰影となるものを外す。

【ポジショニング】

Thspine27
Thspine28
Thspine40
Thspine29
Thspine30
Thspine31
Thspine32
Thspine33
Thspine34
Thspine35
previous arrow
next arrow
Thspine27
Thspine28
Thspine40
Thspine29
Thspine30
Thspine31
Thspine32
Thspine33
Thspine34
Thspine35
previous arrow
next arrow

冠状断とカセッテのなす角度を70°(または40~50°とする)とする。肩から骨盤まで捻じれの無いように前方(PA)もしくは後方(AP)に角度をつけた斜位。
脊椎の長軸をカセッテの中心軸に合わせる。
臥位の場合は枕を使用して脊椎とカセッテを平行にする。また、股関節と膝関節を屈曲して姿勢を安定させる。
両腕が胸椎に重ならないように避ける。この際、姿勢が崩れないように注意する。
カセッテは半切サイズを使用し、中心の高さをTh7とするため肩甲骨下角に合わせる。
カセッテ上端は甲状軟骨隆起部の下に合わせる。

【X線入射点・撮影距離・照射野】
入射点:肩甲骨下角の高さで、胸椎椎体に向けて垂直入射。
撮影距離:100~150cm
照射野:上下は半切サイズまで広げる。左右は胸椎棘突起を含む範囲とする。

【撮影条件】
80kV / 16mAs
(高電圧を利用することでコントラストを下げ、上部ー下部胸椎の観察可能範囲を広げる)
グリッド ( + )
呼気停止。

【画像・チェックポイント】
正常例

Thspine25
Thspine26
previous arrow
next arrow
Thspine25
Thspine26
previous arrow
next arrow


C7~L1が観察できること。
間関節が観察できること。
RAO、LAO : ではカセッテに近い側の椎間関節が観察できる。
RPO、LPO : ではカセッテから遠い側の椎間関節が観察できる。
                  参考:入射方向(RAO、LPO等)
脊柱が画像・照射野の中心に投影されていること。
胸椎の上下縁が接線に投影され、椎間腔が広く観察できること。

【動画】

【関連資料】