Radiograph

胸椎側面撮影 Thoracic spine lateral view

English ver.
Radiopaedia

【撮影目的】
椎体、椎間腔、椎間孔の観察。
上部胸椎は肩と重なるため描出不良。(→スイマー法が適する)
椎体の圧迫骨折、脱臼、湾曲の観察。

【撮影前の確認事項】
立位、臥位どちらで撮影するか確認。
側弯があるかをAP像から確認。
障害陰影となるものを外す。

【ポジショニング】

Thspine15
Thspine16
Thspine17
Thspine18
previous arrow
next arrow
Thspine15
Thspine16
Thspine17
Thspine18
previous arrow
next arrow

立位 :
心臓の拡大・椎体への重なりを最小限にするためにRL方向の立位。
側弯がある場合は凸側を受像面に近づける。
下肢を肩幅に広げた立位。
両腕を挙上する。
体の捻れがないように、前額面と受像面を垂直にする。
カセッテは半切サイズを使用し、中心の高さをTh7とするため肩甲骨下角に合わせる。
カセッテ上端は甲状軟骨隆起部の下に合わせる。
臥位 :
心臓の拡大・椎体への重なりを最小限にするために左側臥位。
側弯がある場合は凸側を受像面に近づける。
両腕を挙上する。
ポジショニングブロック・枕を使用して脊柱を受像面に平行にする。
体の捻れがないように、前額面と受像面を垂直にする。
両ひざを曲げて、側臥位を安定させる。
カセッテは半切サイズを使用し、中心の高さをTh7とするため肩甲骨下角に合わせる。
カセッテ上端は甲状軟骨隆起部の下に合わせる。

【X線入射点・撮影距離・照射野】
入射点:肩甲骨下角の高さで、背面から4横指の点に対して垂直入射。
撮影距離:100~150cm
照射野:上下は半切サイズまで広げる。前後は撮影目的に応じて最小限に絞り、患者背面からはみ出した範囲は鉛板で覆う。

【撮影条件】
80kV / 16mAs
(高電圧を利用することでコントラストを下げ、上部ー下部胸椎の観察可能範囲を広げる)
グリッド ( + )
自由呼吸下(肋骨・肺血管をぼかす。曝射時間は2~3秒)もしくは吸気停止。

【画像・チェックポイント】
正常例 (Radiopaedia)

Thspine13
Thspine14
previous arrow
next arrow
Thspine13
Thspine14
previous arrow
next arrow


Th4~L1が観察できること。
左右の肋骨が重なり、体の捻じれがないこと。
脊柱が画像・照射野の中心に投影されていること。
椎間腔が広く観察できること。
棘突起が過露光にならず観察できること。

【動画】

【関連資料】